ホーム > ビジネススキル のアーカイブ

ビジネススキル のアーカイブ

楽しいBADUIの世界:悪いUIからUIの大切さを知る

UI(ユーザーインターフェース)の大切さが騒がれてから久しく、面白いサイトを教えてもらいました。

このサイトは,本サイトの管理人(中村聡史)がこれまでに出会った楽しい駄目インタフェース,悩まされた駄目インタフェース,腹が立つ駄目インタフェースなど,各種のインタフェースについて整理がてら紹介するページです.

悪いものを見て良い視点を持つ。反面教師としてUIの勉強に・・・というか、普通に面白いのでぜひ見てみてください。

budui_02
写真:参照記事より

続きを読む

RSS リーダーで購読する

SwapSkills「コンテンツマーケティング&戦略」に参加してきました

SwapSkillsコンテンツマーケティング&戦略」に参加してきました。

SwapSkills doubbble vol.08|コンテンツマーケティング、コンテンツ戦略

続きを読む

RSS リーダーで購読する

今注目の”レスポンシブWEBサイト(デザイン)”ってなぁに!?[スライドショー]

レスポンシブWebサイトとは、レスポンシブWebデザインを駆使したWebサイトのことである。
早速考え方と作り方を見てみましょう。

responsive_web_design

続きを読む

RSS リーダーで購読する

米Googleと韓サムスンの働きぶりから見る日本の無駄

米Googleと韓サムスンの働きぶりから、日本に眠る無駄を感じたのです。

samsung-google-nexus-s-1
↑Google×Samsungということで。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

【神マウス】できるビジネスマン必携!ゲーミングマウス(G700推し)ならオフィスワークが数倍速くなる!!

※【2013年更新】G700は2013年に廃版となり、G700sが後継です。G700とG700sの違いは、解像度です。G700が「解像度dpi: 200~5,700」、G700sは、「解像度dpi: 200~8,200」にUP。その他、基本的にデザイン以外の機能や操作性は変わりありません。

ゲーミングマウスならオフィスワークが数倍速くなる!?

仕事柄、エクセルやワードを使った事務作業の多い自分。以前は会社から配布されたPC付属のマウスを使って地道に作業をこなしていました。

しかしある日、新入社員Nが「ゲーミングマウス」と呼ばれるものを仕事で使っており、『マウスに違いってあるのかな?』と気になり調べてみたのです。すると・・・

PCスペックよりマウスにこだわれ!ゲームで勝つために必要な能力の一つに、「いかに正確かつ素早い操作ができるか」というのがある。

ゲーミングマウスの多くは、一般的なマウスに比べて、より精密な動作ができる、読み取りエラーが少ない、長時間使用しても疲れにくい、といった点に重点を置いて設計されている。特定の操作をショートカットで割り当てられるようにボタンが余分に用意されているものもある。

といった記事を見かけ、『これは仕事でも大いに役立つじゃないか!!』と感じたのです。

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス 充電式 高性能レーザーセンサー G700_5

そしてネットで探し回り、実際の店舗に行って触れてみて、「操作性」に「見た目」に「価格」に、様々な要素を検討した結果、出会うことができた最高のマウスが、LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス 充電式 高性能レーザーセンサー G700でした。※2013年G700sにリンク先変更

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス G700

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス G700の良いところ

  • 13個のプログラム可能なボタンで、シンプルなアクションから複雑なコマンドまで登録できる
  • 有線無線を使い分けることができる
  • 高級感のあるフォルム

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス 充電式 高性能レーザーセンサー G700

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス 充電式 高性能レーザーセンサー G700_2

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス 充電式 高性能レーザーセンサー G700_3

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス 充電式 高性能レーザーセンサー G700_4

■13個のプログラム可能なボタンで、シンプルなアクションから複雑なコマンドまで登録できる

G700には適所にボタンが13個配置されています。最初は『こんなに使わないよ・・・』と思っていましたが、それぞれのボタンはプログラムを覚えさせる(マクロ)ことができるため、たとえば今までショートカットキーで行っていたコマンドを1ボタンで実行するなど、意外に重宝します。当然、複雑な操作も細かく登録できます。そして13個のボタンは最大5つのプロファイルで管理できるため、自分は「Web閲覧用」「エクセル作業用」といった形で、切り替えて使っています。

Web閲覧用:ページの進む・戻る、ウィンドウの最大化・最小化、全ウィンドウ最小化(デスクトップ表示)、ブラウザのタブ移動、など
エクセル作業用:列・行の挿入、コピーしたデータを挿入して貼り付け、フィルタ設置、など

自分の仕事を省みれば見るほど、『これも覚えさせれば簡単じゃん』というように、効率化が自然と見えてきます。

■有線無線を使い分けることができる

実は社内で同じ無線マウスを使っている人が多かったためか、マウスが急に止まったり、止まるほどではなくても一定時間スムーズに動かない、といったことが多くありました。

しかしG700では有線無線を使い分けることができるため、普段は無線を使い、『動きが悪いな』と思ったらさっと有線に切り替えれば、ストレスを感じずに作業を進めることができます。切り替えも簡単で、有線につなぐだけ。有線を外せば無線に早変わりです。

実はセットでUSBケーブルも付いてくるため、デスクトップ本体からそのケーブルをつなげば、レシーバーをマウスの近くに持ってくることが可能です。こういう仕様も嬉しいです。

■高級感のあるフォルム

そしてなんといっても、この高級感のあるフォルムが決め手でした。机の上に置いてあるだけで存在感を感じるマウス。実際に持った感じも手にフィットしますし、やはりそれなりの安いマウスよりも丁寧に作られているのを感じて頂けると思います。

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス 充電式 高性能レーザーセンサー G700_6

■LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス G700の残念なところ

もちろん、このマウスも万能ではありません。残念なところとしては多くの人が挙げていますが、「電池の持ちが悪い」ということ。無線だけで使っていれば、2日は持たないでしょう。

しかし実際に使ってみると、自分にとっては電池の持ちの悪さなんて、ほとんど問題ないことがわかりました。それは、このマウスを有線使用していれば、同時に充電をしてくれるためです。電池が減ってきたら有線に切り替えるだけで充電もされるため、作業が中断されたり、電池の予備を持っておく心配がありません。席を離れるときやご飯の最中なんかに充電しておくのも、いいかもしれませんね。

LOGICOOL G700は仕事の強い味方!

できるビジネスマン必携!ゲーミングマウスならオフィスワークが数倍速くなる!!
とくにLOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス 充電式 高性能レーザーセンサー G700に関しては、ホントは詳しい点でもっともっと良い点があるので、是非とも使ってみて頂きたい一品なのです。
LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス 充電式 高性能レーザーセンサー G700

RSS リーダーで購読する

ホーム > ビジネススキル のアーカイブ

カレンダー
« 8 月 2017 »
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る