ホーム

Kyamoシップ ~Web/ガジェットの羅針盤~

I’m Feeling Lucky

社員の日報を読んでいて、こんな記事と出会いました。

Googleの歴史と現在が一枚の絵で分かるインフォグラフィック

インフォグラフィック、はじめて知りました。
おしゃれな会社概要が作成できそうです。

しかし、私が非常に心惹かれたのがこの箇所▼

e38397e383ace382bce383b3e38386e383bce382b7e383a7e383b31

そのボタンを削除するとGoogle体験が弱まるというテスト結果になった

なんでだろう?

言われるまでも無く、ほとんど押すことの無い「I’m Feeling Lucky」ボタン。
その由来には、こんな意味があったそうです。

I’m Feeling Luckyとは

ふむ。初めて知った。
しかし、Google体験が弱まるのとは関係がなさそうです。

Google先生に聞いても答えが無いようなので、私の考えを書かせて頂きます。

Googleはその技術力に自信があります。
世界最高峰のweb技術者を抱え、
「検索窓に入れられたキーワードに対し、最適な答えを返してやるよ」と。

それは本来、「最も適したページ」を返すのが彼らの目的であり、
「検索結果」からユーザーに「選んでもらう」のは、彼らの本意ではない。

そこでGoogle社員は、まだ納得行く結果への途上ではあるが、
「最も適したページ」を返す技術の素晴らしさをいつでも実感してもらうために、
「I’m Feeling Lucky」ボタンを「掲げている」のではないでしょうか。

きっと、「Google体験が弱まる」というのは、ボタンを外してしまうことで、
「Googleの実力を体験する機会が無くなる」ということなんだと思います。

以上。自分で気になって、自分で結論付けてしまいました。

調べている中で、
I’m Feeling Lucky」ボタンはGoogleにとって年間120億円の損失
といった記事もありましたが、「I’m Feeling Lucky」ボタンには、ホントのところはそういった、
「検索窓に入れられたキーワードに対し、最適な答えを返してやるよ」
といった、Google社員の熱いメッセージが込められているのではないでしょうか。



RSS リーダーで購読する

Facebookにファンページを開設しました

2b7d8ab4291e96233b3f39c37eab6003

Facebookに、「WEBマーケティング」に関するファンページを開設しました。

Facebookは世界につながる扉。

いつか世界をまたにかける当社の記念すべきファンページになる様に、
しっかり育てていきます。

IT企業の人事を勤めながら、やはり大好きなITについて
有力な情報を発信し続けていきます。

WEBマーケティングでお困りの方は、
是非弊社までお問い合わせください。

VOLARE,INC




RSS リーダーで購読する

位置ゲーで宇宙からチェックイン

Foursquare

ロケーションベースのSNSって、皆さんご存知ですか?
「今いる場所」を元に、ゲームやコミュニティが展開されるソーシャルサービスです。
日本では、コロプラケータイ国取り合戦なんかが有名でしょうか。

海外ではFoursquareというサービスが有名です。
確かむかーしやった記憶によると、お店とかに行った情報を書き込むと、
その地域に書き込んだ数によって「バッジ」がもらえるのです。
集めると、市長になれるんだとか。(ゲームの中でね)

前置きが長くなりましたが、そんなFoursquareからこんなニュース▼
ロケーションベースのSNS「Foursquare」、史上初となる宇宙からのチェックイン

とうとう位置ゲーは、宇宙にまで広がってしまいました!
まぁ実際は宇宙まで行かなくても宇宙のポイントがもらえるということらしいので、
そこまでレアポイントと言うわけではないようなのですが。
なんか神秘的ですね。

まだご経験の無い方は、一度おためしあれ。(無料だし)



RSS リーダーで購読する

Google病にかかっていませんか?

みなさんは「ググレカス」という言葉をご存知でしょうか?

images

ググレカスは古代ローマ思想家で、物心ついた頃から興味を持ったものは何でも検索する習慣がありました。その結果、何でも知っていたググレカスは人々の注目を集めましたが、やがて図書館で少し調べればわかるような事柄を質問されると即座に「自分で調べろカス」という返答をすることが習慣となってしまいました。このことから、IT業界では「まずは自分で調べろ」の意味で「ググレカス」という言葉が広く共有されています。(ウィキペディア参照)

話は変わりますが、「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」という理念を掲げ(いつから掲げていたのかは詳しくないです)、Googleがサービスを開始してから早数年が経ちました。

おかげさまで、「知りたいこと」「知らないこと」は、ほとんどネットで検索すれば情報を得ることができる世の中になりました。

しかし反面、「知らなくても調べればよい」という考えも、一部で生まれたのです。
「漢字がわからなくてもパソコンで打てば出てくる」「歴史を知らなくても、Google先生に聞けば教えてくれる」。

このような考えを、私は間違っているのではないかと思います。
私は思うに、人間は考える頭を持っているからこそ、機械とは違う未来を作り出すことができるのです。少なくとも、そうやって現代まで進化を続けてくることができました。学んだことがあるからこそ、そこから知恵を活用していままでに無かったものを生み出すことができるのである、と。

知識の土台があって初めて知恵が生かされる。学びのない環境では、どうしても知恵が生まれない。学ばないこと、それは「知恵の発生機会の損失」ではないかと思うのです。

また、ググレカスの伝えたいことの本質は、「一人でできることに、人の時間をつかうな(二人分の時間を使っていることになる)」ということであって、「学びをやめるな」ということでは決して無いと思います。

そういった意味で、Googleに依存しすぎる生活を行われているかたは、ぜひ「Googleは知識を補ってくれるもの、それを知恵として生かすところに本当の価値がある」という考えを持っていただきたいなと思います。

【ヴォラーレバリュー9】
私たちは、知識と知恵を活用し、生産性の高い仕事をします



RSS リーダーで購読する

米国長者番付にIT企業創業者多数

先日、米国長者番付が発表されました。

かつてのITバブルというわけではありませんが、我々の属するIT業界が、
現代においてもなお世の中にこんなにも影響力を持っているのだということを、
思い出させてくれます。

なかでも、今年の長者番付で最年少となるFacebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏は、
なんと私と同じ26歳。燃えますねぇ!

ah_markマーク・ザッカーバーグ氏(ITmediaより拝借)

とはいえ、弊社のメンバーも、日々驚くほどの基礎力を蓄えていっています。

近い将来、ひらめきやポッとで出のたまたま当たったようなサービスなんかではなく、
会社の実力・総力戦で、勝ち抜いてやりますよ。

「熱いメンバーが毎日志をともにしているという環境」は、お約束いたします。
是非ヴォラーレを、よろしくお願いします。



RSS リーダーで購読する

ホーム

カレンダー
« 4 月 2017 »
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る